上南戦 上智大学・南山大学総合対抗運動競技大会

開催日:2019年7月5日(金)~7月7日(日)会場:上智大学

インフォメーション

上南戦に参加する各部から試合の見どころや意気込みを挙げてもらいました

上南戦に参加する各部から試合の見どころや意気込みを挙げてもらいました。各部からのメッセージをご覧ください。

6/8・9

水泳

自分が立てた目標を達成した際に生まれる達成感です。団体競技でも勿論、目標を達成する魅力がありますが、競泳は個人競技なので自分の努力は基本自分に返ってきます。自分のこれまでの過程が目に見える形で現れた時の嬉しさが魅力です。

6/22

弓道

弓道は、人生そのものに喩えられます。上達するにつれて、技術を学ぶだけではなく、自己の人格を磨くことが必要だと気づくようになるのです。心と技を一体とし、内面の価値を高め、人生を深く豊かなものにするために、弓道では高い指標「真・善・美」を掲げています。張り詰めた雰囲気の中、空を切り裂き飛んでいく矢が的に当たった瞬間の光景は誰もが美しさを感じると思います。

6/29・30

ワンダーフォーゲル

ワンダーフォーゲル部は南山大学と山に登り、1泊2日共に山で過ごします。試合はありませんが、他大学と登山する機会はなかなかないので貴重な体験になると思っています。彼らと過ごす2日間でどんな新たな山の楽しみ方を見つけられるか楽しみにしています。

7/5

ゴルフ

ゴルフはスポーツの中で1番プレイフィールドの大きいスポーツです。なるべく少ない打数でボールをあの小さな穴に入れるために多種多様な地形、飛距離、打ち方、クラブの大きさを考えねばなりません。その面白さ・プレイヤーの姿こそゴルフの見どころです。またゴルフは大自然の中で行われるスポーツです。圧倒的な緑と青空の下、美しいゴルフ場を歩き回ることができるのもまた1つの見どころです。

ハンドボール

ハンドボールは攻守の入れ替わりが早く、選手一人一人がオフェンス、ディフェンスの両方をこなさなくてはなりません。そのどちらもプレーがとてもダイナミックで、かなり激しいスポーツです。激しさとともにスピード感もとてもあり、見ていて盛り上がるスポーツです。

7/6

硬式野球

私たち硬式野球部は、常日頃から自主性を重んじて練習に取り組んでいます。練習では出来ていたことが本番になると出来なくなってしまうことがスポーツでは多々あります。それをなくすために練習のときから色んなシチュエーションを考えて、あらゆるケースにも対応できる力を養っています。ぜひ上南戦では、そういった私たちの考える野球に注目していただければと思います。

バレーボール(女子)

ボールが床に落ちる寸前まで諦めずにレシーブに向かう姿とボールをつなぐ協力プレーがバレーボールの見どころです。女子の特徴は男子に比べてラリーが続きやすく、1回のプレーが長いことです!キャプテン兼、「女バレの大砲」みさとさんを先頭に勝利を目指します!粘り強いプレーをお見逃しなく!

バレーボール(男子)

上南戦の男子バレーボール部はとにかく熱い!!4年生の引退試合でもあるため、この試合こそが練習の集大成です。毎年大接戦で、一昨年は学長賞を受賞致しました。今回も必ず皆さんに感動をお届けし、盛り上がる事間違いなしです!会場が一体となり白熱する試合を是非見に来てください。

バドミントン

バドミントンのスマッシュの初速は、球技最速の時速400km超え。一見簡単そうに見えて、高速のシャトルを追い続けるハードなスポーツなのです。特にダブルスのラリーの速さは圧巻の迫力!部員の繰り出す高速スマッシュも見ものです!

少林寺拳法

少林寺拳法部は、演武と運用法を行います。演武では、突き蹴りの剛法に加え、迫力ある投げ技も見ることができます。一方、運用法は、試合形式となります。白熱した攻防にご注目下さい。応援よろしくお願いします!

合気道

合気道は柔道とは違い、内に引き込む力ではなく外へ出し続ける力で相手を投げます。力を抜いた状態で相手との繋がりを意識しながら「 崩し」で相手をコントロールし、最小限の力でそこを突き相手を投げます。上南戦では是非、部員たちの力まず技を行う様子を見に来てください!

柔道

2020年東京オリンピックに向け積極的に攻めあう試合を促し観客にわかりやすい柔道を目指したルールが適用されます。現在、南山大学を相手に5連敗を喫している上智大学柔道部は今年も部員が少ない中、一本を取る為に全員が目の前の試合に全力を尽くします。

剣道

剣道の試合は4分と他の競技に比べ非常に短期戦です。その中でいかに攻め、瞬間を捉えて一本に繋げるか、緊張感を孕んだ空気が見どころです。観戦側も固唾をのんでしまうような剣道の静と動を楽しんでください。

硬式テニス(男子)

昨年の上南戦は、他部活の活躍による上智総合優勝で盛り上がる中、我々男子硬式庭球部は南山大学に敗北し、悔しい思いをしました。その悔しさをバネに、この一年間練習やトレーニングに励んできました。今年は60回の記念大会、そしてホーム開催ということもあり、チーム一丸となって勝利を目指します。応援よろしくお願いします!

硬式テニス(女子)

新体制もすでに出来上がってきた今、夏のリーグ戦の通過点にある上南戦。上智の女子硬式庭球部の魅力は、一人一人の得意とする技が異なるため、相手の意表を突くプレイ、多彩な試合展開を見られるところです。昨年よりまた一段と成長したJayhawksを是非ご期待下さい!

洋弓

アーチェリーの見どころとして、限られた矢の本数の中でどれだけ多くの点数を稼ぐことができるのかという緊張感が挙げられます。1点でも多く点数を稼ぐために少しも気を抜けず、また少しの気持ちのブレも点数に影響してくる中の選手たちの緊張感が見ている側にも伝わってきます。この緊張感がアーチェリーの醍醐味だと思います。

アメリカンフットボール

アメフトは入念な準備・練習の上、緻密な作戦プランを練って、試合中状況によって選択を繰り返し、一瞬のひらめきやプレイで結果が変わるというスポーツです。お互いのプライドをかけた激しいぶつかり合いのある熱いスポーツでもあります。ぜひ、ビッグプレーや激しいヒットを見逃さず、スタンドの皆さんも盛り上がって一緒にアメフトを楽しみましょう!

陸上競技

陸上競技は記録で競う競技ですが、弾き出した記録はただの数字ではありません。各人が自分のベストの記録を目指して日々練習を重ねるその姿、その上に形作られた大会本番の一瞬の緊張感と放たれる躍動感、そこに立ち向かう私たちの姿こそ記録への挑戦という意思表示そのものです。各部員が全力で記録に向き合うその一瞬を当日は現地でご覧ください

ラグビー

ラグビーの見所はなんといっても体のぶつけ合いです。アタック側はボールを相手のインゴールに運ぶため果敢に突進し、ディフェンスはそれを阻止するため激しいタックルを浴びせます。その他にも華麗なランや正確なキックも見どころの一つです。選手が本気で生身の体をぶつけ合う姿は圧巻ですので是非会場までお越しください。

サッカー

サッカーはたった1つのボールをピッチ上の22人の選手が追いかけるスポーツです。ボールを所持できる選手は1人だけですが、ボールを持ってない選手の組織的な連動も見所の1つです。また、試合展開だけではなく、闘志あふれる1つ1つのプレーにも注目してください!

7/7

卓球

「卓球って簡単そう」…いいえ、実は見た目よりもけっこう難しいスポーツなのです。自分が打った球(自らかけた回転など)から、相手がどうやって返してくるのかを予想しながら動き続けなければなりません。勝利には、1球ごとの的確な戦略の積み重ねが必要です。繊細な技術とダイナミックな動きを駆使したプレー、ぜひご覧あれ!

フェンシング

フェンシングは剣一本だけを使って相手と得点を競うスポーツです。今回の上南戦で行う「エペ」というルールでは、とにかく相手の体を突けば得点、同時に突いたらなんと両者得点します!いかに攻撃し、かつ避けるか。駆け引きに注目です!

バスケットボール(男子)

バスケットボールは早い試合展開から生まれるスピード感、緊張感、迫力が一番の魅力です。また盛り上がりどころが多く、プレーの上手さや凄さが伝わりやすいところも魅力です。屋内競技であることやコートが他の球技と比べて小さいことも観客にとってとても観戦しやすいものとなっております。

バスケットボール(女子)

バスケの一番の魅力、どんどん点が入る展開の速さに加え、上智女バスならではの粘り強いチームディフェンスからの速攻、きれいなフォーメーションオフェンス、そして明るく元気に全員で戦いきるチーム力に注目してください!

軟式テニス(男子)

ソフトテニスの顕著な特徴として、ゴムボールを使用しているという点が挙げられます。空気抵抗を受けやすいため、力いっぱいボールを打って相手に返球できることの爽快感は魅力的だと思います。またダブルスのコンビネーションも魅力の一つです。後衛がボールを繋いで前衛で決める、二人で一つなプレイスタイルは見ていて気持ちがいいです。

軟式テニス(女子)

ソフトテニスは、闘い方が様々ある中で、プレーヤーの特徴を活かして、いかにして相手が嫌なプレーをし、粘り続けられるかが大事なスポーツです。プレーヤーそれぞれが持つ得意なショットを、試合でどう使うかを頭で考える知能戦でもあり、長いラリーの末に点数を取れた時の感動は何にも例えられません!

ラクロス(女子)

ラクロスはスピード感満載のスポーツです。相手からボールを奪うために、激しく選手同士が接触するため一種の格闘技とも言われています。ボールの扱い激しく真剣に戦う選手に熱いエールをよろしくお願いします。

ラクロス(男子)

ラクロスは、地上最速のスポーツと言われています。どの場面でも、目を離すことのできない試合展開の速さもラクロスの醍醐味です。また、ポジションによって選手に大きな違いがでて、試合観戦がしやすいのも特徴です。ショットの速さ、ディフェンスの激しさに思わず見てる方も熱くしてしまう、そんなスポーツです!

その他

応援団

私たちは実際に戦う訳ではないですが、選手を応援して会場を盛り上げます!今年度の上南戦でも、選手の力になれるように全力で応援します!私たちと一緒に応援し、会場を盛り上げましょう!!